Tweet

プロフィール

猿来庵Jr

Author:猿来庵Jr
"猿来庵"は亡父のコラム名に由来しています。
自営の金物店での日々の話題を綴っています。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

フェノロサが善光寺に来ていれば
[20090414]
善光寺ご開帳には回向柱が建ちます。ニュースで回向柱をなでる人々の姿が映し出されます。
涙を流されている方もいます。さぞかし御利益があるのでしょう・・・
回向柱から→白い布→5色の布→金の糸→前立ち本尊(コピー)→阿弥陀三尊(オリジナル)と
リンクされているのだそうですが、肝心の阿弥陀三尊は絶対秘仏ゆえ鎌倉時代以来見た人は皆無
 (一説では江戸時代に偽物疑惑が生じ、幕府の検分使により目視されたとも)

目に見えるものしか信じられない猿来庵.Jrにとってはこれはアンビリーバブル
しかも阿弥陀三尊は元は大阪で捨てらていたものを(飯田出身の本田善光さんが)拾ってきて
座光寺に置いたそうで(ここが元善光寺)次は長野へ移転、その後武田信玄が甲斐善光寺に移し
次は織田信長、次は豊臣秀吉と何度か移動し最後は徳川家康によりやっとこさ長野へ戻ったと
まあ日本中を駆け回った秘仏なんですね!ただし現物を見た人は無く、絵も写真もなし
あるのはコピーとされる「前立ち本尊」のみ、とここまで来ると御利益が・・・・

信仰を否定はしませんが、ぶっとい木の柱を撫ぜさせるだけで「御利益がありますに~」とは
あまりにも、お高くとまっているような気がしてなりません。
思い切って絶対秘仏を見せるくらいに「御貫主・上人」が太っ腹になれんかね
近寄りがたきが有り難きにあらず、

ちなみに善光寺名物の「戒壇廻り」の際、本当に鍵がかかっているか?
ライトを点けて、怒られた不心得者はこの私です。
フェノロサは同じく絶対秘仏の「法隆寺夢殿本尊」を寺の反対を押し切って見たとされています。
2009-04-14(Tue) 09:11 ニュース | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://lfk.blog45.fc2.com/tb.php/82-e8f2a387

HOME

copyright © 2005 猿来庵Jr all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。