Tweet

プロフィール

猿来庵Jr

Author:猿来庵Jr
"猿来庵"は亡父のコラム名に由来しています。
自営の金物店での日々の話題を綴っています。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

花は桜木、人は武士
[20090413]
普段は目に付かぬ桜も、この時期になると花が花だけに目について
あそこにも、ここにも、良くあるものです。
タイトルのように咲き誇り、散り際が良い 武士はそうあるもの
仮名手本忠臣蔵にこの一説がありますが・・・死を美化する無かれ

私は、花見という行為が良く理解できない、
ここぞとばかりにブルーシートでの陣地取り、酒をつぎあい乾杯・大声で騒ぐ
何が楽しいのか実に不思議である。 この場面は時に運動会でも出没する

そもそも江戸時代、徳川吉宗が江戸の各地に桜を植えさせ、
花見を奨励してからの流行だそうだが!花を見ながら、酒を飲み
民衆に憂さ晴らしをしろ、厄介なことは酒を飲んで忘れろと言わんばかりである。
一番迷惑なのは桜なのでは・・

御神木の桜は見たことがない、と新聞記事にありましたが
もしかして神社に植えると相応しくない酒の宴席が出来ることを怖れたかも
2009-04-13(Mon) 19:29 日記 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://lfk.blog45.fc2.com/tb.php/81-a9c23b9f

HOME

copyright © 2005 猿来庵Jr all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。