Tweet

プロフィール

猿来庵Jr

Author:猿来庵Jr
"猿来庵"は亡父のコラム名に由来しています。
自営の金物店での日々の話題を綴っています。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

読んだら・・
[20090112]
何故に読書するのか、何かを期待して本を読む、新しい考え、希望、癒し、
文字を理解しインプットされてゆく内容に対して自分は反応しているか?
って疑問を持ちながらまた読書が深みにはまります。

だらだら読みを打開するために、「ここは奮起」と更に下記の2冊を読む事に・・
情報は1冊のノートにまとめなさい
たった100円で願望実現! A6ノートで思考を地図化しなさい

読んでいる事を抜粋して書き記す事は、通読に繋がります。
ただし、これを自分に課した義務とすると読むのが億劫になるが
楽な読み方を選んでしまう私にとっては真剣に読む事も大事な事
アウトプット出来る能力を身につける。
という時に便利なwebがメディアマーカー
(これもホスティングサービスならではの便利さです)

子供の前でいつも本を読んでいる父親の姿を見てきた私にとって
近頃見た映画の「ラースと、その彼女」の中でラースの義理の姉が
夕食後ソファーで読書をする姿はとても印象的でした。
我が家もテレビを点けず、読書をするゆったりした時間が欲しい
2009-01-12(Mon) 10:19 | TB(0) | コメント(1) | 編集 |

コメント
  • うちは「ながら」です from ティンカーベル

    うちは、テレビ見ながら本読んで、お洗濯物片つけて、本読みながら筋トレしてなんでもながらです。子供の前でいつもながらの母なので、娘もながら好き。「お風呂に入って読める本が欲しい―」と言い、まじコピーしてラミコートしました。まずいのでしょうか?

    2009-01-12(Mon) 16:10 | URL | #- [ 編集 ]


    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

  • トラックバック
    ⇒ http://lfk.blog45.fc2.com/tb.php/57-03434c05

    HOME

    copyright © 2005 猿来庵Jr all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。