Tweet

プロフィール

猿来庵Jr

Author:猿来庵Jr
"猿来庵"は亡父のコラム名に由来しています。
自営の金物店での日々の話題を綴っています。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

畏敬の念
[20111011]
地元安楽寺の子育地蔵のお祭りに関わって30年近くなります。
毎年お参りに見える子供連れを見ていて、
あの頃の子供はもう
30歳になろうとしているんだと感慨深いものがあります。
=私も30の齢を得たおじさんになっているのですが・・

参拝者が手を合わせて願うものは無病息災
子供が無事育つ事それぞれあると思います。
もしも災いが天より降ってくるものならば避けて通りたい

自然や人を畏れ敬う心を忘れずにいないと
機械や金銭が世界を支配する錯覚に陥りやすい、
主客転倒しつつある倫理観が人を蝕みつつある。
そんな気がして仕方ありません。

世界が対立と調和で保たれているならば
畏敬の念を忘れかけた私達が
今のうちに目を覚まさなければ
後世に汚点を残すことになります

宗教っぽい言葉が重なりますが
少しばかりの歴史でも紐解く度に
何を信じ、畏れ、敬うのか?
強くあるためには弱き心を忘れない
そう思う日々です。
2011-10-11(Tue) 11:37 歴史 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://lfk.blog45.fc2.com/tb.php/230-ff9df8f5

HOME

copyright © 2005 猿来庵Jr all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。