Tweet

プロフィール

猿来庵Jr

Author:猿来庵Jr
"猿来庵"は亡父のコラム名に由来しています。
自営の金物店での日々の話題を綴っています。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

文房具としてのキーボード1
[20080329]
このブログを入力、書いているのはIBMの5576-003というキーボードです。
幅380×奥行180㎜、重量は1.35㎏のヘビー級 無敵のチャンプです
IBM5576003.jpg
にぎやかなキータッチで明確なクリック音がしますので
「仕事してるよ」って周囲の方にもわかります、と言うか、うるさいかも
これはテンキーレスタイプですが、フルキーボードのタイプもあります。
私はパソコンの置き場所が狭いのでくコンパクトタイプのキーボードを常用しています。
個人的には抜群に使いやすいキーボードだと思います。=メインのキーボードです。
*鍵人さんの紹介記事:http://www.geocities.jp/kenjin_keyboard/5576003.htm

キーボードは色々と使い比べてみると文房具だと思います。
私のキーボード使い分けを例にして書くと
1:エクセルのような表計算を行う場合は静かなキーボードが良い。 例:東プレRealforce
(数字を打ち込んでいるとキーの音が煩わしくなる事がある)
2:エディターで文章を書き込む場合は賑やかな音が想像力をかき立てられます。例:IBM系
(その発想がおかしいと人に言われる事もあります)
3:ノートパソコンに繋いで入力する際はきわめてコンパクトなタイプ。例:HHK
(ノートパソコの手前に置くので場所がない)
てなわけで作業で使い分ける事が楽しくなるキーボード=文房具
と言うわけで今も次なるキーボードを集めています、が
結構場所を取るので置き場所がなくて・・・困っています。
2008-03-29(Sat) 16:25 キーボード | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://lfk.blog45.fc2.com/tb.php/2-5d0025fd

HOME

copyright © 2005 猿来庵Jr all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。