Tweet

プロフィール

猿来庵Jr

Author:猿来庵Jr
"猿来庵"は亡父のコラム名に由来しています。
自営の金物店での日々の話題を綴っています。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

文房具としてのキーボード17
[20080418]
FILCO Majestouch 青軸モデル FKB108MC/NB です。
幅440x奥行138mm、重量1.2 kg クルーザー級のエースだったのですが!
FKB108MC青軸
Cherry MX click tactile(青軸)採用・カチカチ高い音とクリック感
Cherry社のMX click tactileキースイッチ(青軸)を採用しています。
メーカー参照HP:http://item.rakuten.co.jp/filco/10000204/
オンライン販売のみの品で欠品だったので、オークションで倍近い金額で手に入れました
その後またオンライン販売しています。急いで入手し失敗しました。

どうしても青軸を使ってみたいという気持ちで入手してみましたが
なんと、想像を超えるキーの軽さ、沈み込むタッチで返りがありません。
キーボードは押し込みの反発を受けながら次のキーに指が移動している事に気がつきました。
自分でキーを押した際に指を上げていたと思っていたら大間違いでした。
音はカチカチとしてくれますが、IBMのバックリングスプリングタイプよりは小さめの音です
軽すぎるゆえに物足りない、期待度が大きかっただけに少しがっかりでした。
FILCOはこれで計3枚揃えましたが、それぞれに使い勝手が違います。
まあ青軸はこういうものなのだ!と納得した事で結論を付けてしまい「お蔵入り」になっています。
そうなると、茶軸は?、白軸は?、と気になり始めています。
2008-04-18(Fri) 14:51 キーボード | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://lfk.blog45.fc2.com/tb.php/19-b6c09014

HOME

copyright © 2005 猿来庵Jr all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。