Tweet

プロフィール

猿来庵Jr

Author:猿来庵Jr
"猿来庵"は亡父のコラム名に由来しています。
自営の金物店での日々の話題を綴っています。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

文房具としてのキーボード14
[20080416]
メカニカルという言葉に誘惑されて購入した SANWA SKB-MK1W です。
幅448×奥行153㎜、重量1.1㎏ ミドル級期待の星でしたが・・
SANWA1.jpg

ALPSスイッチ採用のメカニカルキーボード、(キーを外して確認するとALPSスイッチでした)
以下メーカーホームページのセールスコピーですが・・・
1:キー打釘耐久2000万回の高品質設計です。
2:メカニカルキー特有の軽快な打鍵音が楽しめます。
3:キーボードの剛性を高くし、キーを押したときの不快な沈み込みが発生しません。
4:メカニカルキースイッチには定評のあるALPS社製キースイッチを採用しています。
5:スタンダードな109Aキーボード配列です。
6:PS/2-USBコンボタイプです
以下検証
1:2000万回って何年間使えば打てるかわからないので検証不能
2:軽快な打鍵音って?カチカチでなくカチャカチャです。アルプスキーってこんな音がするの?
3:剛性の意味は分解してわかりました。キーボードを鉄板付けにしてあります、が
  底板のプラスチックが薄~いので音が響くため分解時に2㎜厚のゴム板で補強しました。
4:これは確か、はっきりALPSと言う文字が読み取れます。
5:ごく標準的な109配列、WINキーも付いています。
6:標準USBにPS2の変換プラグ付きです。

分解して底板へゴム板を補強した結果重量も増してしっかりしたキーボードに改良されました。
ゴム板補強の結果、重量が1.25㎏ となりヘビー級に転向しました! 
ただキーのカチャカチャ音がいささか安っぽいので後日改良を加えてみようと思います。
2008-04-16(Wed) 09:34 キーボード | TB(1) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://lfk.blog45.fc2.com/tb.php/16-1276bf91
SANWA SUPPLY SKB-MK1W メカニカルキーボード

HOME

copyright © 2005 猿来庵Jr all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。