Tweet

プロフィール

猿来庵Jr

Author:猿来庵Jr
"猿来庵"は亡父のコラム名に由来しています。
自営の金物店での日々の話題を綴っています。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

人間関係
[20100615]
大河ドラマで放映中の「龍馬伝」に登場する勝海舟と坂本竜馬
ISHIN.jpg 
師弟関係に描かれている二人ですが、相棒のような関係だったのではと思っています。
勝海舟が年上で龍馬の世話を焼いた事もあって、龍馬が勝に依存していたように見えますが
勝も龍馬にはかなりの仕事を託しています。龍馬の活躍によって仕事がうまく回っていたようです。
ブレーンとして、使いっ走りとして、勝の仕事ぶりを見ながら新しい世界を知っていった龍馬です。
私は勝海舟という人物が好きで、長男誕生の際には嫁さんに「海舟」との命名を相談し断られました
更に大好きという人物は、その勝海舟のオヤジ「勝小吉」です。
彼の書いた「夢酔独言」ではその天衣無縫・八方破れな人間像が浮かんできて痛快な読み物です。
この親にしてこの子ありとは、まさに勝親子の事だと思えます。
家族や奥さんからすればこれほど身勝手な男はえらい迷惑ものだったかも知れませんが
歴史に名が残る人物に「家族思い」という言葉は当たらないのでしょう
何を考えているのか、わからない、視点が異なるゆえ、今を大事にしないと思われがちですが
本人からすれば ”ず~っと先の事を” 今の事のように考えているのですから無理はありません。
遠くを見つめている人とお付き合いすると、自分でも何か出来そうな気がします。
この画像の二人の眼差しは何を見ているのか、誰か面白い人がいないか探してるのかな~

2010-06-15(Tue) 10:08 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
⇒ http://lfk.blog45.fc2.com/tb.php/149-52ae3453

HOME

copyright © 2005 猿来庵Jr all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。