Tweet

プロフィール

猿来庵Jr

Author:猿来庵Jr
"猿来庵"は亡父のコラム名に由来しています。
自営の金物店での日々の話題を綴っています。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

月別アーカイブ
前の月(04月)2011年05月のアーカイブ次の月(06月)

  • 出てこない単語 - No196 at 2011年05月30日  (Mon)  17:13:10  [日記]
    昨日は40年近く前の中学校の同級会自分が話す言葉は「そのあれが・あのそれよ」って代名詞だらけイメージは出てるのだけれど単語を失っていて出てこない私だけではないらしい、これは老化現象?会話も頭の中のイメージを辿って喋っている。自分でも冴えていたと思う30歳代の頃は話す言葉をイメージが追って来るような会話をしていた気がする。...
    ... ⇒全文

  • マイケル読んでる? - No194 at 2011年05月20日  (Fri)  17:04:11  [仕事]
    スキームから「こたえ」を導き出す講義で人気のハーバード白熱教室のマイケルサンデル教授聞いていて確かに面白い、聴衆が引き込まれる講義内容です。聴衆とのやりとりから意図的?に意見を引き出しているように見える。生徒の様々な意見に決して否定は持ち込まず、多種多様な許容の類推から生徒が次の思考を導き出す事が講義の結論となっている。「彼が生徒に強いているのはその選択だけである」臨機応変に講義内容を変化させてる...
    ... ⇒全文

  • 不義と大義 - No193 at 2011年05月06日  (Fri)  16:06:36  [日記]
    ビンラディン殺害・・・一人を殺さば之を不義という、必ず一死罪あり、大いに非をなして国を攻むれど非とするを知らず従ってこれを褒め,義という大国:米の「強者の理論」により殺害が行われた=テロの首謀者とした虚像に怯える民衆を救う為=歴史はいつかその正当性を覆すかもしれない...
    ... ⇒全文


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

出てこない単語
[20110530]
昨日は40年近く前の中学校の同級会
自分が話す言葉は「そのあれが・あのそれよ」って代名詞だらけ
イメージは出てるのだけれど単語を失っていて出てこない
私だけではないらしい、これは老化現象?
会話も頭の中のイメージを辿って喋っている。

NAYAMI
自分でも冴えていたと思う30歳代の頃は
話す言葉をイメージが追って来るような
会話をしていた気がする。
スポンサーサイト
2011-05-30(Mon) 17:13 日記 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

寺田寅彦という人
[20110521]
随筆家としてしか認知していなかった私が恥ずかしい。
日本物理学の祖であり漱石門下(三四郎のモデル?)
今回の東北関東大震災を思うに「この人有り」
寺田寅彦
このYouTube動画を聞いていると「fringe」の2つの世界の考え方が理解できるような気がする。
2011-05-21(Sat) 16:31 ニュース | TB(0) | コメント(1) | 編集 |

マイケル読んでる?
[20110520]
マイケルサンデル
スキームから「こたえ」を導き出す講義で人気の
ハーバード白熱教室のマイケルサンデル教授
聞いていて確かに面白い、聴衆が引き込まれる講義内容です。
聴衆とのやりとりから意図的?に意見を引き出しているように見える。
生徒の様々な意見に決して否定は持ち込まず、多種多様な許容の類推から
生徒が次の思考を導き出す事が講義の結論となっている。
「彼が生徒に強いているのはその選択だけである」
臨機応変に講義内容を変化させてるように見せて本論からは逸脱していない
メンタリスト(TVドラマ)を連想させる暗示的な講義です。

メンタリスト
通常の人では困ってしまう「究極の選択」を数を軸に比例させて
個人の秤を哲学というステージに載せてしまう、実に巧妙です。
見終わった後、懐疑的な不安を抱き暗示と見るか、
はたまた、目の覚める感動の講義と見るか?
かなりなショックを受ける講演には間違いありません。
2011-05-20(Fri) 17:04 仕事 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

不義と大義
[20110506]
ビンラディン殺害・・・
FUGI
一人を殺さば之を不義という、
必ず一死罪あり、
大いに非をなして国を攻むれど
非とするを知らず
従ってこれを褒め,義という

大国:米の「強者の理論」により殺害が行われた
=テロの首謀者とした虚像に怯える民衆を救う為=
歴史はいつかその正当性を覆すかもしれない
2011-05-06(Fri) 16:06 日記 | TB(0) | コメント(1) | 編集 |

HOME

copyright © 2005 猿来庵Jr all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。