Tweet

プロフィール

猿来庵Jr

Author:猿来庵Jr
"猿来庵"は亡父のコラム名に由来しています。
自営の金物店での日々の話題を綴っています。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

月別アーカイブ
前の月(03月)2008年04月のアーカイブ次の月(05月)

  • 閑話休題:映画ネタ - No27 at 2008年04月30日  (Wed)  14:03:17  [映画]
    映画を2本続けて見ました。クローバーフィールドとバンテージポイントです。2つとも映画の中で時間が戻りつつ筋書きは展開するので頭が混乱してきました。バンテージポイントでは大統領の影武者が暗殺されるシーンを何回見たのだろう!これってイメージを焼き付けるためにやっているのかな?まだクローバーフィールドは少しづつ前に展開して行くのですが、同じようなパニックシーンばかりで皆同じに見えてしまいました。せめて見...
    ... ⇒全文

  • 文房具としてのキーボード21 - No26 at 2008年04月23日  (Wed)  17:10:58  [キーボード]
    製造元不明、ですが都合の良いコンパクトキーボードです。幅315×奥行145㎜、重量は495gの バンタム級の優れものパソコンによってはキーボードを接続したときにドライバーを要求されるものがあります。(近頃のOSは殆ど言わなくなりましたが・・・)そんなときにこのキーボードが登場します。このキーボードは汎用というか、ごく一般的というか?特殊なOSのデバイスに繋いでもそのまま動いてくれます。知り合いが秋葉原でタ...
    ... ⇒全文

  • 文房具としてのキーボード20 - No25 at 2008年04月22日  (Tue)  20:53:37  [キーボード]
    Air touch Flexible Full Sized keyboard ふにゃふにゃキーボード これは「牢屋入り」です幅490x135mm、 重量 300g バンタム級のヤワな奴です。こんな使い方をする方にオススメします!1:風呂場でキーボード入力する2:キーボードにコーヒーを10回以上こぼしたことがある。3:キーボードをポケットに丸めて持ち歩く。4:しょっちゅうキーボードを丸洗いしている。押しにくい、指が引っかかる、滑りやすい、というキーボ...
    ... ⇒全文

  • 文房具としてのキーボード19 - No24 at 2008年04月22日  (Tue)  19:23:51  [キーボード]
    IBMのKB8920 5576-B05とも呼ばれています。幅455x奥行170mm、重量1.35㎏のヘビー級退役選手でした。Space Saver Keyboard II を使っていてIBMのメンブレンタイプが気になったのでフルキーボード106 で手頃なキーボードを探していたところこのキーボードがYAHOOオークションに出ていたので落札しました、なんと50円+それもマウス付きで前のオーナーが使わずに捨てようかと思ったが、それでもと出品したそうです。当然汚れや...
    ... ⇒全文

  • 文房具としてのキーボード:パソコン付属品2 - No23 at 2008年04月21日  (Mon)  10:24:17  [キーボード]
    NECのMATEシリーズパソコンに付いてきたキーボードです。型番はCMQ-6001と記されています。USB接続でキーボード横にもUSB端子が付いています。このキーボードは割と使いやすくてUSBも繋げられるので家のパソコンで使用していました。(現在はFILCOに居場所を取られてしまいましたが・・)普通に使うキーボードとしては便利に出来ています。クリック音は若干あります、キー反発も相応で手に馴染みます。うちの息子は結構気に入って...
    ... ⇒全文

  • 文房具としてのキーボード:パソコン付属品1 - No22 at 2008年04月21日  (Mon)  10:06:45  [キーボード]
    OKIのパソコンIFシリーズに付いてきたキーボードです。GA2264の品番で型番はIF38424 標準の106キー配列です。パソコンに付属してきたのですがサイズが大きすぎたため他のコンパクトキーボードを使用しておりあまり使用していません。クリック音はありません、年月が経っているのかキー反発が少ない気がします。バラしてみないと構造はわかりませんがメンブレムだと思います。ごく標準のキーボードですがWINキーはありません。...
    ... ⇒全文

  • 文房具としてのキーボード:18 - No21 at 2008年04月19日  (Sat)  17:21:41  [キーボード]
    IBM Space Saver Keyboard II (RT3200:37L0907)です。幅370×奥行170㎜、重量850g ライト級の現役です。ノートパソコン接続用に購入したキーボードです。キータッチは旧IBM系のキーボードと比較すると「がっかり」です。押した感覚はペコペコ、押し途中で妙な抜け感覚があります。クリック音は無し、キーの押し込み最後にガタツキ音が出ます。押し込み後の反発は結構強いので高速タイプは可能です。噂ほどでは、なかったな・...
    ... ⇒全文

  • 文房具としてのキーボード:番外編 - No20 at 2008年04月19日  (Sat)  16:06:15  [キーボード]
    HP Jornada690です。キーボードが付いているハンドヘルドPCです。幅190×85㎜(キーボード部のみ)、重量535g (本体全て) タフなキックボクサー過去10年近く愛用しているPDAの名機です。いつでもどこでも確実に働いてくれます今までも自転車で転んで落下、放り投げてしまった等々、艱難辛苦に耐えて頑張っています。豆粒の大きさでも、すこぶる押しやすいキーボードは絶賛に値します。バラした事はないのでキーの構造はわかり...
    ... ⇒全文

  • 文房具としてのキーボード17 - No19 at 2008年04月18日  (Fri)  14:51:47  [キーボード]
    FILCO Majestouch 青軸モデル FKB108MC/NB です。幅440x奥行138mm、重量1.2 kg クルーザー級のエースだったのですが!Cherry MX click tactile(青軸)採用・カチカチ高い音とクリック感Cherry社のMX click tactileキースイッチ(青軸)を採用しています。メーカー参照HP:http://item.rakuten.co.jp/filco/10000204/オンライン販売のみの品で欠品だったので、オークションで倍近い金額で手に入れましたその後またオンライン販...
    ... ⇒全文

  • 文房具としてのキーボード16 - No18 at 2008年04月18日  (Fri)  08:57:37  [キーボード]
    FILCO Majestouch Mini FKB100M/JB です。幅380x奥行138mm、重量1㎏の ミドル級スモールタフガイです。省スペースのコンパクトメカニカルキーボードで109配列を100キーの中にほぼ収めてありますCherry社のMX tactile feelキースイッチを採用して高速タイピングも可能ですしっかりした打ち心地でかつ指への衝撃も軽減してあります。メーカー参照ホームページ:http://www.diatec.co.jp/products/det.php?prod_c=394フレーム...
    ... ⇒全文

  • 文房具としてのキーボード15 - No17 at 2008年04月16日  (Wed)  10:33:35  [キーボード]
    IBMの5576-002 メカニカル・キーボードの最高峰と評価される傑作です幅470x奥行170mm、重量1.5㎏の無差別級チャンピオンです。アルプス板ばねスイッチを採用したキーボードです。押すときに「ク」戻るときに「キ」キーボードを打っているとクキ、クキと話しかけてくれます。キーボード1で紹介したIBM 5576-003はツキ、ツキと言いますし(板ばね機構)キーボード8で紹介したIBM 139147はズン、ズンと言います。(座屈ばね機...
    ... ⇒全文

  • 文房具としてのキーボード14 - No16 at 2008年04月16日  (Wed)  09:34:33  [キーボード]
    メカニカルという言葉に誘惑されて購入した SANWA SKB-MK1W です。幅448×奥行153㎜、重量1.1㎏ ミドル級期待の星でしたが・・ALPSスイッチ採用のメカニカルキーボード、(キーを外して確認するとALPSスイッチでした)以下メーカーホームページのセールスコピーですが・・・1:キー打釘耐久2000万回の高品質設計です。2:メカニカルキー特有の軽快な打鍵音が楽しめます。3:キーボードの剛性を高くし、キーを押し...
    ... ⇒全文

  • 文房具としてのキーボード13 - No15 at 2008年04月15日  (Tue)  09:51:43  [キーボード]
    PFU Happy Hacking Keyboard Lite2 英語配列 USB 黒です。幅294x奥行120㎜、重量680gのフェザー級の勇者です。キーボード業界では有名なHHK-Lite2です。クリック音はしませんが、カッチリと打ち込めるしっかりした作りのキーボードです。サイズもコンパクトで場所を取りません。矢印、カーソルキーが1段下がって配置されていて慣れないと使いにくいのが難漆黒と言うような雰囲気のある色です。まるで墨を触っているかのよう...
    ... ⇒全文

  • 文房具としてのキーボード12 - No14 at 2008年04月14日  (Mon)  19:15:36  [キーボード]
    Cherry G80-3000LPMEU です。幅470x奥行195㎜、重量1.15㎏ クルーザー級ドイツチャンピオン、フルサイズのでっかいキーボードです。cherry黒軸仕様笑えるのは、外箱に5つ星が付いています。他のcherry製品の外箱も見てみたい!3つ星とかもあるんでしょうか?MXキースイッチ(メカニカル)なので高速タイピングが可能クリック音は皆無、キーの反発は結構強いのですがその割にくたびれません好感のもてるキーボード...
    ... ⇒全文

  • 文房具としてのキーボード11 - No13 at 2008年04月14日  (Mon)  18:09:14  [キーボード]
    イワタデザイン:ROUSB20-BK 老眼鏡いらずのキーボード 「お蔵入り」幅450×奥行145㎜、重量550g バンタム級のコムスン?今年初め、文字が見にくくなったときに購入してみたキーボードです。詳細は http://iwatadesign.com/press2.html をご覧下さい確かに字がでかい、しかもローマ字のみ、これは見やすいしかしその後、タッチタイピングを勉強したので字の大きさが関係なくなってしまいました。と言う事で「お蔵入り」サイ...
    ... ⇒全文

  • 文房具としてのキーボード10 - No12 at 2008年04月13日  (Sun)  19:52:32  [キーボード]
    OWLTECH社のミニキーボード OWL-KB89USCです。幅285 x 135㎜、重量430g フライ級のしっかり者★89日本語スーパースリムキーボード ★重量感、剛性のある鉄板シャーシー採用★USB接続 と小さい割にカッチリ、しっかり出来たキーボードです。アプリケーションキーも付いています、(でもキーボードからアプリケーションキーは使いません)メタリックなスタイルがお気に入りなので家のパソコンの予備キーボードで常駐しています...
    ... ⇒全文

  • 文房具としてのキーボード9 - No11 at 2008年04月12日  (Sat)  21:15:23  [キーボード]
    バッファロー BKBU-J77/BK です。「お蔵入り」幅218×奥行104㎜、重量203g ストロー級ヨドバシ新宿店で高速バス乗車前10分の間に購入したキーボードです。小さいことは・横幅218mm・ですが、余りよい結果を出してくれませんでした。持ち歩いて使うノートパソコンの代替キーボードにでも使うのでしょうか?その割りにはタッチタイピングも出来ないほどキーとキーの間隔が狭すぎますキーピッチは16.8mmだそうですが、キートップを...
    ... ⇒全文

  • 文房具としてのキーボード8 - No10 at 2008年04月12日  (Sat)  15:30:22  [キーボード]
    IBMの139147 Space Saverの代表機です。幅405×奥行190㎜、重量1.8㎏ スーパーヘビー級チャンプ ジョーフレイーザーを彷彿させます。私が入手したキーボードではもっとも高価なキーボードです、2万円弱1992年に製造は中止され今は流通在庫しかないので新品があればもう一枚欲しいmodel-M と呼ばれるタイプで私のは91年12月製造となっています。鉄板入りのため、すごく重いです。その重量でいくら強く打って...
    ... ⇒全文

  • 頻繁にキーボードを繋ぎ替える - No9 at 2008年04月12日  (Sat)  15:25:13  [キーボード]
    書くためにキーボードを替えるには文章書きの度にキーボードを替えるとなるとUSBならば素早く交換できますがPS2となると普通のパソコンは裏面電源ソケットそばにコネクターがあります裏に手を伸ばして手探りで入れ替えるのは大変なのでPS2をUSBに変換するコネクターを購入しました。マウス、キーボード2口用もありましたが、私はキーボードだけなので1口用にしました。これを使えば割と楽に変更可能です。コネクターの相性...
    ... ⇒全文

  • 文房具としてのキーボード7 - No8 at 2008年04月12日  (Sat)  11:23:17  [キーボード]
    ぷらっとホーム FKB-8579 JISキーボードです。幅294x134mm、重量600g バンタム級のテクニシャン高見沢のキーボードが欲しくて入手しました。好感の持てるキーボード、サーバに接続可能な接続ケーブルが付いていますコントロールキーもAキーの横にあってその筋の方には最適サイズもA4サイズ(294x134mm)のコンパクトにまとめたキーボードです。人間工学を追究したカーブド構造だそうで急カーブで反り上がっています肝心のキータッ...
    ... ⇒全文

  • 文房具としてのキーボード6 - No7 at 2008年04月12日  (Sat)  11:15:52  [キーボード]
    Chicony社のKB-9973 というキーボードです。幅370×奥行180mm、重量890g フェザー級台湾チャンピオン、海外戦多数フルキーボードなのにコンパクトサイズ横幅37㎝でテンキーまで収まっています。安い割に意外としっかり出来ていて、キータッチ音も静かです。ファンクションキーの上部にアプリケーションキーもついていますが、使った事はありません。デリートキーはキーボード最右部の上下端にしかないので慣れないと大変ですD...
    ... ⇒全文

  • 文房具としてのキーボード5 - No6 at 2008年04月12日  (Sat)  10:48:55  [キーボード]
    FILCO コンパクト107キー PS/2&AT 藍色です。幅390mm×奥行140mm、重量900g 目立ちたがりなおしゃべりライト級選手チャカチャカ賑やかキータッチの107J翼のカラーリングモデルです。藍色ボディにブラックのキートップがスタイリッシュです。参照メーカーHP:http://www.diatec.co.jp/products/det.php?prod_c=10オリジナル配列を採用した107キー日本語キーボードでWinキーがなく省略スペースで操作性はよいのですが特殊配列のた...
    ... ⇒全文

  • 文房具としてのキーボード4 - No5 at 2008年04月10日  (Thu)  08:44:33  [キーボード]
    cherryのML4100 黒軸コンパクトキーボードです。「お蔵入り」幅280×奥行130mm、重量422g フライ級、チェコ生まれのドイツ選手中古品で手に入れたのですが裏面シールを見るとチェコ共和国製造品となっています。cherryって確かドイツのメーカーのはずなのだけれど・・・でも日本のメーカーも今は殆どがMaid In Chinaばかりなので不思議はないですね!軽量、極小で邪魔にならず置き場所を選びません。PS2接続です現行品は http://ww...
    ... ⇒全文

  • 文房具としてのキーボード3 - No4 at 2008年04月07日  (Mon)  18:50:41  [キーボード]
    シグマ製 BLADE/ALPK107BKです。幅405×奥行179mm、重量860g ミドル級のクールなタフガイ昨日またキーボードを購入してしまいました。手持ちのキーボードはPS2接続が多いのですが今回はUSB接続でかっこいいのを選んでみました。スタイリッシュなアルミヘアライン仕上げ、ブラックボディーにオレンジのフレーム!いやあ、かっこいいです。でもひんやり冷たい、だってアルミフィニッシュだもん、仕方ないか、夏の別荘キーボードか...
    ... ⇒全文


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

閑話休題:映画ネタ
[20080430]
映画を2本続けて見ました。クローバーフィールドと
images-1.jpg

バンテージポイントです。
images.jpg

2つとも映画の中で時間が戻りつつ筋書きは展開するので頭が混乱してきました。
バンテージポイントでは大統領の影武者が暗殺されるシーンを何回見たのだろう!
これってイメージを焼き付けるためにやっているのかな?
まだクローバーフィールドは少しづつ前に展開して行くのですが、
同じようなパニックシーンばかりで皆同じに見えてしまいました。
せめて見る映画を替えて見れば良かったかも、

バンテージポイントの主演のデニスクエイドは「デイ・アフター・トゥモロー」の印象が強すぎて
気象学者のイメージが抜けません、
やっぱボディーガードならDenzel Washingtonでしょう!
スポンサーサイト
2008-04-30(Wed) 14:03 映画 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

文房具としてのキーボード21
[20080423]
製造元不明、ですが都合の良いコンパクトキーボードです。
幅315×奥行145㎜、重量は495gの バンタム級の優れもの
unknown.jpg

パソコンによってはキーボードを接続したときにドライバーを要求されるものがあります。
(近頃のOSは殆ど言わなくなりましたが・・・)そんなときにこのキーボードが登場します。
このキーボードは汎用というか、ごく一般的というか?
特殊なOSのデバイスに繋いでもそのまま動いてくれます。
知り合いが秋葉原でタッチパネルのPC用に購入してくれたもので
その時は「メーカーはJUSTY」だとか言っていましたが、どこにも記載はありません。
使えさえすれば助かるという、ジョーカーライクな使い方なのでキータッチは気にしませんでしたが
結構しっかり打ち込めるメンブレンです。キーの感触は引っかかりが多くどこかギスギスしてますが、
ドライバーがない場合の非常時ではとりあえず使えればと言う事で我慢して使っています。

2008-04-23(Wed) 17:10 キーボード | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

文房具としてのキーボード20
[20080422]
Air touch Flexible Full Sized keyboard ふにゃふにゃキーボード これは「牢屋入り」です
幅490x135mm、 重量 300g バンタム級のヤワな奴です。
AIR.jpg

こんな使い方をする方にオススメします!
1:風呂場でキーボード入力する
2:キーボードにコーヒーを10回以上こぼしたことがある。
3:キーボードをポケットに丸めて持ち歩く。
4:しょっちゅうキーボードを丸洗いしている。

押しにくい、指が引っかかる、滑りやすい、というキーボードの欠点をフルに搭載しています。
丸めて鞄に入れる、コーヒーをこぼしてもOK、粉をかけても大丈夫って、
使用方法がキーボードの粋を越えています、キーボードを越えたキーボードです。
(おもしろ半分で購入し即 お蔵いや牢屋入りでした)


2008-04-22(Tue) 20:53 キーボード | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

文房具としてのキーボード19
[20080422]
IBMのKB8920 5576-B05とも呼ばれています。
幅455x奥行170mm、重量1.35㎏のヘビー級退役選手でした。
IBM8920.jpg

Space Saver Keyboard II を使っていてIBMのメンブレンタイプが気になったので
フルキーボード106 で手頃なキーボードを探していたところこのキーボードが
YAHOOオークションに出ていたので落札しました、なんと50円+それもマウス付きで
前のオーナーが使わずに捨てようかと思ったが、それでもと出品したそうです。
当然汚れや埃もあったのですが、早速分解掃除し綺麗になって現役復帰しました。
分解時の注意は、キートップを外してキーの下、表側に4本のネジ、更に裏にも8本のネジで
裏蓋と表蓋を留めてあります。私はキートップ下のネジに気づかず往生しました。
中は鉄板に電極のシートらしきものとメンブレンのゴムが挟まっています。
製造年月日は97年11月になっています。

インターネット上ではわりと不評なキーボードですが、メンブレンの割に反発が強く
高速タイピング可能です。カチャカチャ音はしますが、不快ではありません。
Space Saver Keyboard II よりもタッチはいいような気がします。
IBM のバックリングや板ばね構造のキーボードと比較されると見劣りはしますが
IBMなりに量産ラインでも耐久性を持たせたキーボードだと思います。
2008-04-22(Tue) 19:23 キーボード | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

文房具としてのキーボード:パソコン付属品2
[20080421]
NECのMATEシリーズパソコンに付いてきたキーボードです。
型番はCMQ-6001と記されています。
USB接続でキーボード横にもUSB端子が付いています。
NEC CMQ

このキーボードは割と使いやすくてUSBも繋げられるので家のパソコンで使用していました。
(現在はFILCOに居場所を取られてしまいましたが・・)
普通に使うキーボードとしては便利に出来ています。
クリック音は若干あります、キー反発も相応で手に馴染みます。
うちの息子は結構気に入って使っていました。
2008-04-21(Mon) 10:24 キーボード | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

文房具としてのキーボード:パソコン付属品1
[20080421]
OKIのパソコンIFシリーズに付いてきたキーボードです。
GA2264の品番で型番はIF38424 標準の106キー配列です。
OKI GA

パソコンに付属してきたのですがサイズが大きすぎたため
他のコンパクトキーボードを使用しておりあまり使用していません。
クリック音はありません、年月が経っているのかキー反発が少ない気がします。
バラしてみないと構造はわかりませんがメンブレムだと思います。
ごく標準のキーボードですがWINキーはありません。

2008-04-21(Mon) 10:06 キーボード | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

文房具としてのキーボード:18
[20080419]
IBM Space Saver Keyboard II (RT3200:37L0907)です。
幅370×奥行170㎜、重量850g ライト級の現役です。
SS2.jpg

ノートパソコン接続用に購入したキーボードです。
キータッチは旧IBM系のキーボードと比較すると「がっかり」です。
押した感覚はペコペコ、押し途中で妙な抜け感覚があります。
クリック音は無し、キーの押し込み最後にガタツキ音が出ます。
押し込み後の反発は結構強いので高速タイプは可能です。
噂ほどでは、なかったな・・って言うのが率直な感想です。

あまりけなしては可愛そうなので
追記:トラックポイントの操作は快適です、ThinkPadを使っていた方にはお奨め
バラして裏板にゴム板か鉄板を付けて重量を調整すればキーの押し込みが
宜しくなるかも?改良してみようかと思っています。

2008-04-19(Sat) 17:21 キーボード | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

文房具としてのキーボード:番外編
[20080419]
HP Jornada690です。キーボードが付いているハンドヘルドPCです。
幅190×85㎜(キーボード部のみ)、重量535g (本体全て) タフなキックボクサー
HP200LX.jpg

過去10年近く愛用しているPDAの名機です。いつでもどこでも確実に働いてくれます
今までも自転車で転んで落下、放り投げてしまった等々、艱難辛苦に耐えて頑張っています。
豆粒の大きさでも、すこぶる押しやすいキーボードは絶賛に値します。
バラした事はないのでキーの構造はわかりませんが?実に良くできています。
この一代前に使っていた200LXも良かったのですが、水没で昇天してしまいました。

2008-04-19(Sat) 16:06 キーボード | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

文房具としてのキーボード17
[20080418]
FILCO Majestouch 青軸モデル FKB108MC/NB です。
幅440x奥行138mm、重量1.2 kg クルーザー級のエースだったのですが!
FKB108MC青軸
Cherry MX click tactile(青軸)採用・カチカチ高い音とクリック感
Cherry社のMX click tactileキースイッチ(青軸)を採用しています。
メーカー参照HP:http://item.rakuten.co.jp/filco/10000204/
オンライン販売のみの品で欠品だったので、オークションで倍近い金額で手に入れました
その後またオンライン販売しています。急いで入手し失敗しました。

どうしても青軸を使ってみたいという気持ちで入手してみましたが
なんと、想像を超えるキーの軽さ、沈み込むタッチで返りがありません。
キーボードは押し込みの反発を受けながら次のキーに指が移動している事に気がつきました。
自分でキーを押した際に指を上げていたと思っていたら大間違いでした。
音はカチカチとしてくれますが、IBMのバックリングスプリングタイプよりは小さめの音です
軽すぎるゆえに物足りない、期待度が大きかっただけに少しがっかりでした。
FILCOはこれで計3枚揃えましたが、それぞれに使い勝手が違います。
まあ青軸はこういうものなのだ!と納得した事で結論を付けてしまい「お蔵入り」になっています。
そうなると、茶軸は?、白軸は?、と気になり始めています。
2008-04-18(Fri) 14:51 キーボード | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

文房具としてのキーボード16
[20080418]
FILCO Majestouch Mini FKB100M/JB です。
幅380x奥行138mm、重量1㎏の ミドル級スモールタフガイです。
FKB100M_JB.jpg

省スペースのコンパクトメカニカルキーボードで109配列を100キーの中にほぼ収めてあります
Cherry社のMX tactile feelキースイッチを採用して高速タイピングも可能です
しっかりした打ち心地でかつ指への衝撃も軽減してあります。
メーカー参照ホームページ:http://www.diatec.co.jp/products/det.php?prod_c=394

フレームの作りがしっかり出来ていて安心して打つ事が出来ます。
コンパクトサイズながらテンキーも装備、使いやすいキーボードです。
難点を言えばDELキーが?キーの下にあり(特殊な配置)戸惑います。
家のパソコンのメインキーボードで使っています。

2008-04-18(Fri) 08:57 キーボード | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

文房具としてのキーボード15
[20080416]
IBMの5576-002 メカニカル・キーボードの最高峰と評価される傑作です
幅470x奥行170mm、重量1.5㎏の無差別級チャンピオンです。
5576-002.jpg
アルプス板ばねスイッチを採用したキーボードです。押すときに「ク」戻るときに「キ」
キーボードを打っているとクキ、クキと話しかけてくれます。
キーボード1で紹介したIBM 5576-003はツキ、ツキと言いますし(板ばね機構)
キーボード8で紹介したIBM 139147はズン、ズンと言います。(座屈ばね機構)
ばねの構造については鍵人さん http://www.geocities.jp/kenjin_keyboard/index.htmで
詳しく紹介されているのでご覧あれ

IBMのキーボードは皆おしゃべりです。
ただしアメリカ生まれのせいか英語でしゃべるので良くわかりません?
どれをとってもIBMの旧キーボードはしっかり出来ています。
今のパソコンに付属する腱鞘炎対策のヤワなキーボードは目じゃありません
一度触れてみるとその歴然たる差に驚くとお思います。
絶対お奨めというキーボードは無いかも知れませんが、まず触れてみる価値はあります。
といったところでじゃあどのIBMを使うのかと言えばスペースと配列を考慮して
普通使いのキーボードは5576-003に落ち着いています。
2008-04-16(Wed) 10:33 キーボード | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

文房具としてのキーボード14
[20080416]
メカニカルという言葉に誘惑されて購入した SANWA SKB-MK1W です。
幅448×奥行153㎜、重量1.1㎏ ミドル級期待の星でしたが・・
SANWA1.jpg

ALPSスイッチ採用のメカニカルキーボード、(キーを外して確認するとALPSスイッチでした)
以下メーカーホームページのセールスコピーですが・・・
1:キー打釘耐久2000万回の高品質設計です。
2:メカニカルキー特有の軽快な打鍵音が楽しめます。
3:キーボードの剛性を高くし、キーを押したときの不快な沈み込みが発生しません。
4:メカニカルキースイッチには定評のあるALPS社製キースイッチを採用しています。
5:スタンダードな109Aキーボード配列です。
6:PS/2-USBコンボタイプです
以下検証
1:2000万回って何年間使えば打てるかわからないので検証不能
2:軽快な打鍵音って?カチカチでなくカチャカチャです。アルプスキーってこんな音がするの?
3:剛性の意味は分解してわかりました。キーボードを鉄板付けにしてあります、が
  底板のプラスチックが薄~いので音が響くため分解時に2㎜厚のゴム板で補強しました。
4:これは確か、はっきりALPSと言う文字が読み取れます。
5:ごく標準的な109配列、WINキーも付いています。
6:標準USBにPS2の変換プラグ付きです。

分解して底板へゴム板を補強した結果重量も増してしっかりしたキーボードに改良されました。
ゴム板補強の結果、重量が1.25㎏ となりヘビー級に転向しました! 
ただキーのカチャカチャ音がいささか安っぽいので後日改良を加えてみようと思います。
2008-04-16(Wed) 09:34 キーボード | TB(1) | コメント(0) | 編集 |

文房具としてのキーボード13
[20080415]
PFU Happy Hacking Keyboard Lite2 英語配列 USB 黒です。
幅294x奥行120㎜、重量680gのフェザー級の勇者です。
HHK.jpg

キーボード業界では有名なHHK-Lite2です。クリック音はしませんが、カッチリと打ち込める
しっかりした作りのキーボードです。サイズもコンパクトで場所を取りません。
矢印、カーソルキーが1段下がって配置されていて慣れないと使いにくいのが難
漆黒と言うような雰囲気のある色です。まるで墨を触っているかのよう・・
重量はかなりあります。箱にも記載してあるプログラマ向けのキーレイアウトで
コンロールキーはAの横にあります。またディップスイッチでDELキーの設定が変更可能です。
横幅も294㎜と極小、このキーボードでガンガン入力出来れば気持ち良いかも
でもあまり使いません、なぜかといえば、ファンクションキーが独立していないからです


2008-04-15(Tue) 09:51 キーボード | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

文房具としてのキーボード12
[20080414]
Cherry G80-3000LPMEU です。
幅470x奥行195㎜、重量1.15㎏ クルーザー級ドイツチャンピオン、
cherry3000lpmeu0.jpg

フルサイズのでっかいキーボードです。cherry黒軸仕様
笑えるのは、外箱に5つ星が付いています。
他のcherry製品の外箱も見てみたい!3つ星とかもあるんでしょうか?
MXキースイッチ(メカニカル)なので高速タイピングが可能
クリック音は皆無、キーの反発は結構強いのですがその割にくたびれません
好感のもてるキーボードですが、いかんせん大きすぎて
鉄板は入っていないので重量は軽いです。
ドイツの学者さんがお使いになればお似合いかも・・
キーボード全体がゆったりスペースで気分は楽になれますが
机上は大変狭く感じます。もっともな相対関係ですね!
キー感触は東プレに似た感覚がしますが、私だけでしょうか

2008-04-14(Mon) 19:15 キーボード | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

文房具としてのキーボード11
[20080414]
イワタデザイン:ROUSB20-BK 老眼鏡いらずのキーボード 「お蔵入り」
幅450×奥行145㎜、重量550g バンタム級のコムスン?
いわた

今年初め、文字が見にくくなったときに購入してみたキーボードです。
詳細は http://iwatadesign.com/press2.html をご覧下さい
確かに字がでかい、しかもローマ字のみ、これは見やすい
しかしその後、タッチタイピングを勉強したので字の大きさが
関係なくなってしまいました。と言う事で「お蔵入り」
サイズは大きいです。机いっぱいの存在感です。(参りました)
キーの感触は大きなゴム=メンブレムなのでしっかり押し心地はあります。
ただ、私には柔らか過ぎて今ひとつでした。
メカニカルキーボードに慣れてしまったせいか、もの足りません。
またフレームが緩いカーブを描いたもちもちタイプなので好みでないのかも・・
お年寄りの「ゆっくりとキーボードに親しむ方」にはお奨めです。
2008-04-14(Mon) 18:09 キーボード | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

文房具としてのキーボード10
[20080413]
OWLTECH社のミニキーボード OWL-KB89USCです。
幅285 x 135㎜、重量430g フライ級のしっかり者
OWL-KB89.jpg

★89日本語スーパースリムキーボード ★重量感、剛性のある鉄板シャーシー採用
★USB接続 と小さい割にカッチリ、しっかり出来たキーボードです。
アプリケーションキーも付いています、(でもキーボードからアプリケーションキーは使いません)
メタリックなスタイルがお気に入りなので家のパソコンの予備キーボードで常駐しています。
裏板の鉄板シャーシに「外す気にはなれない程のたくさんの」ビスで留められています、
コンパクトキーボードをお使いの方におすすめの一枚です。
私のキーボードの好みはフレームがスクエアエッジ、角張っているタイプなのです。

2008-04-13(Sun) 19:52 キーボード | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

文房具としてのキーボード9
[20080412]
バッファロー BKBU-J77/BK です。「お蔵入り」
幅218×奥行104㎜、重量203g ストロー級
Buffer.jpg

ヨドバシ新宿店で高速バス乗車前10分の間に購入したキーボードです。
小さいことは・横幅218mm・ですが、余りよい結果を出してくれませんでした。
持ち歩いて使うノートパソコンの代替キーボードにでも使うのでしょうか?
その割りにはタッチタイピングも出来ないほどキーとキーの間隔が狭すぎます
キーピッチは16.8mmだそうですが、キートップを小さくした方が使いやすいのに

同じくらいのサイズでも愛用しているHP Jornada690のキーが使いやすいのは
キートップを小さくしてキー間隔を広く開けてある成果だと思います。
2008-04-12(Sat) 21:15 キーボード | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

文房具としてのキーボード8
[20080412]
IBMの139147 Space Saverの代表機です。
幅405×奥行190㎜、重量1.8㎏ スーパーヘビー級チャンプ ジョーフレイーザーを彷彿させます。
IBM139147.jpg

私が入手したキーボードではもっとも高価なキーボードです、2万円弱
1992年に製造は中止され今は流通在庫しかないので新品があればもう一枚欲しい
model-M と呼ばれるタイプで私のは91年12月製造となっています。
鉄板入りのため、すごく重いです。その重量でいくら強く打っても微動だにしません
また、タイプライターを打つと表現されますが、まさにその通り
パソコンに対して私がキーボードを打っているから文字が出るんだよ!
って「ユビキタス」を裏返すかのような主体性を持ったパソコン操作が味わえます
便利さはこの駆体の重さ、賑やかな音、重いキータッチ、全てに重厚感
標準使用しているIBMの5576-003がプラチナの万年筆とすれば
こちらはモンブランの詰替インク式万年筆でしょう
かなりきついキーステップで上の段へそのまま指を持って行くと引っかかります
ファンクションキーなどはロッククライミングか?と思うほど高いところにあります
しかし使い慣れると手放せなくなる、まさに名機だと思います。
ただ現状このキーボードをパソコンに付属させて販売したら苦情が来るでしょう
実際18歳のパソコンオタクの息子に使わせたところキーを押す度に
うるさい、重い、引っかかる、いやはや年寄り扱いされました。
そんなキーボードだから愛着がわくって私はマニアックなのですね
2008-04-12(Sat) 15:30 キーボード | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

頻繁にキーボードを繋ぎ替える
[20080412]
書くためにキーボードを替えるには
USB-CVPS1_MA.jpg

文章書きの度にキーボードを替えるとなるとUSBならば素早く交換できますが
PS2となると普通のパソコンは裏面電源ソケットそばにコネクターがあります
裏に手を伸ばして手探りで入れ替えるのは大変なので
PS2をUSBに変換するコネクターを購入しました。
マウス、キーボード2口用もありましたが、私はキーボードだけなので
1口用にしました。これを使えば割と楽に変更可能です。
コネクターの相性があるようですが、今のところ問題はありません
と言う事でPS2には5576-003を差しっぱなしで他のキーボードを使う際は
このコネクターでUSBで使用、キーボードは2枚繋がります。
問題は無いようです。
2008-04-12(Sat) 15:25 キーボード | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

文房具としてのキーボード7
[20080412]
ぷらっとホーム FKB-8579 JISキーボードです。
幅294x134mm、重量600g バンタム級のテクニシャン
プラットホーム

高見沢のキーボードが欲しくて入手しました。
好感の持てるキーボード、サーバに接続可能な接続ケーブルが付いています
コントロールキーもAキーの横にあってその筋の方には最適
サイズもA4サイズ(294x134mm)のコンパクトにまとめたキーボードです。
人間工学を追究したカーブド構造だそうで急カーブで反り上がっています
肝心のキータッチは至って静か、押し心地は東プレのキーに似た感触
これでもかってコンパクトにしたのでファンクションキーは左隅の緑のキーを押しながら
数字キーで代用します。現行品はMini Keyboard という品名で発売されています。

2008-04-12(Sat) 11:23 キーボード | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

文房具としてのキーボード6
[20080412]
Chicony社のKB-9973 というキーボードです。
幅370×奥行180mm、重量890g フェザー級台湾チャンピオン、海外戦多数
LCHICONY.jpg

フルキーボードなのにコンパクトサイズ横幅37㎝でテンキーまで収まっています。
安い割に意外としっかり出来ていて、キータッチ音も静かです。
ファンクションキーの上部にアプリケーションキーもついていますが、使った事はありません。
デリートキーはキーボード最右部の上下端にしかないので慣れないと大変です
DELまで指が届かないよ・・・うう苦しい、何でこんなところに配置したのかな?

メンブレムタイプのキーですが、想像以上にしっかり打てます。
キーの大きさも手頃なので打ち間違いは無く手頃なキーボードです。
台湾のキーボードメーカーだそうですが、OEMであちこ「チコニー」に供給しているようです。
私は1500円で入手しましたがコストパフォーマンスは高いと思います。
2008-04-12(Sat) 11:15 キーボード | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

文房具としてのキーボード5
[20080412]
FILCO コンパクト107キー PS/2&AT 藍色です。
幅390mm×奥行140mm、重量900g 目立ちたがりなおしゃべりライト級選手
FKB100M_JB.jpg
チャカチャカ賑やかキータッチの107J翼のカラーリングモデルです。
藍色ボディにブラックのキートップがスタイリッシュです。
参照メーカーHP:http://www.diatec.co.jp/products/det.php?prod_c=10

オリジナル配列を採用した107キー日本語キーボードで
Winキーがなく省略スペースで操作性はよいのですが
特殊配列のため他のキーボードを使った後に操作すると誤入力だらけ
更になぜかキーが固い、こちらの方言では(ぎすい)と言います。
いやはや疲れれます、と言う事でお蔵入りの1枚です



2008-04-12(Sat) 10:48 キーボード | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

文房具としてのキーボード4
[20080410]
cherryのML4100 黒軸コンパクトキーボードです。「お蔵入り」
幅280×奥行130mm、重量422g フライ級、チェコ生まれのドイツ選手
CHERRYML4100.jpg

中古品で手に入れたのですが裏面シールを見るとチェコ共和国製造品となっています。
cherryって確かドイツのメーカーのはずなのだけれど・・・
でも日本のメーカーも今は殆どがMaid In Chinaばかりなので不思議はないですね!
軽量、極小で邪魔にならず置き場所を選びません。PS2接続です
現行品は http://www.cherrycorp.com/english/keyboards/Industrial/4100/index.htm 参照
キータッチは良好とは言えません、
底に鉄板が入っていないせいか、軽い底打ち感です、物足りないな~
その割に黒軸のせいかキーの反発はあります、こちらは押しごたえあり
押すのに重く、軽い押し止まりは、いけません。不快です。
更にキーにカサカサ感、(カチカチは許せるのに)当然「お蔵入り」となっています
cherry製キーボードではもう一枚G80-3000を持っていますが
そちらはでかい、静か、がっちりです、
同じメーカーでこれほど出来が違うものか?と思います。
2008-04-10(Thu) 08:44 キーボード | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

文房具としてのキーボード3
[20080407]
シグマ製 BLADE/ALPK107BKです。
幅405×奥行179mm、重量860g ミドル級のクールなタフガイ
SBLADE.jpg

昨日またキーボードを購入してしまいました。手持ちのキーボードはPS2接続が多いのですが
今回はUSB接続でかっこいいのを選んでみました。
スタイリッシュなアルミヘアライン仕上げ、ブラックボディーにオレンジのフレーム!
いやあ、かっこいいです。でもひんやり冷たい、
だってアルミフィニッシュだもん、仕方ないか、夏の別荘キーボードかな
メーカー参照:http://www.sigma-apo.co.jp/front/products/detail/ALPK107

常用のIBMのキーボードと比べキーが大きく感じます。押し間違い多数、これは困った、
使おうか、お蔵入り?か悩んで、置いたままにしてあります。
眺めているだけで満足では・・困りますね
追記:綺麗なキー配列も載せておきます。
CAPT0001.jpg

2008-04-07(Mon) 18:50 キーボード | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

HOME

copyright © 2005 猿来庵Jr all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。