Tweet

プロフィール

猿来庵Jr

Author:猿来庵Jr
"猿来庵"は亡父のコラム名に由来しています。
自営の金物店での日々の話題を綴っています。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Category Area
現在表示しているカテゴリ = 【日記】
カテゴリ一覧
日記 (77) |キーボード (47) |歴史 (12) |ニュース (37) |映画 (9) |インターネット (14) |パソコン (15) |仕事 (18) |TalkBand (1) |本 (16) |応援したい人がいます (7) |音楽 (5) |文房具 (2) |ドラマ (2) |道 (2) |FAX (3) |U30GT-H (1) |CUBE U30GT (2) |

スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

スマホ水没
[20160530]
2年ほど愛用してきたLenovo A820 でしたが
Lenovo A820
浴槽に水没させてしまいました、
速攻で救い上げ、スマホ水没時のマニュアルどうり
まずバッテリーを抜く、スイッチ操作はしない、乾燥後完全放置で
待つこと1日分解してみました。
水が入った痕跡はイヤホンジャック付近だけでした。
乾燥してることを確認して電源を入れると本体は震えて操作音も鳴ります。
と・こ・ろ・が表示が出ない、イヤホンジャック付近に液晶表示の
コネクターがあり表示コントロール回路がショートしたようです。
その後1日放置して完全分解しましたが、やはり表示せず。
手に馴染んできたA820でしたが、残念諦めました。
先日お世話になった Huawei のスマホも検討しましたが・・
(お世話になっておきながら Huaweiさん ゴメンナサイ)
こんな機種に交換しました。
Urefon Power
Urefon Power って 聞いたこともない見たことないメーカーです。
選んだきっかけは、木目のスマホと言うことです。
スペックは恐ろしく進歩しています。
スポンサーサイト
2016-05-30(Mon) 09:11 日記 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

宜しければ
[20160509]
つれてってカードのホームページ見て下さいね!
http://turetette.jp/9999/www/html/top/main/index.html
2016-05-09(Mon) 08:23 日記 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

まもなく還暦の修学旅行
[20160227]
冬の京都、学生時代に行った銀閣寺、変わらないね・・
銀閣寺は「お前は年くったな~」って言ってるかも 
冬の銀閣寺 風情があります。 
思ったよりも中国旅行客が少なかったな、昨年行った伏見稲荷、金閣寺は多かった!

kyouto1.jpg

庭の手入れが行き届いています。さすが世界遺産
kyouto2.jpg

金閣寺の豪奢とくらべ、この地味がいい 私にお似合いかな
kyouto3.jpg

その足で、清水寺へ 舞台の足元から、、高いね
kyouto4.jpg

kyouto5.jpg

この階段の上へ登らないと舞台はまだまだ上です (順路逆周りでした)
kyouto6.jpg

今年も京都を回ってみて、
昔修学旅行で一緒に来た同級生と懐かしい話をしながらまた行きたくなりました。
次は夏、祇園祭・・八坂神社、二条城 市内を見ようかな






2016-02-27(Sat) 17:50 日記 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

やはり綺麗
[20150731]
半年ぶりの京都、金閣寺は修学旅行で行けなかったので行ってみる、
CGで描かれたような綺麗さ、
金閣寺2
その後、きぬかけの路を歩いて竜安寺で石庭、さらに仁和寺で石庭、五重塔をみて
妙心寺(これまた大きな禅寺、広さ10万坪東京ドーム7個分)を抜けて花園駅まで
しっかりと歩けました。昨年今頃はヘルニアの痛みで杖を付いていた事を思い出し
よくここまで治ったな~と嬉しい限りです。
2015-07-31(Fri) 17:04 日記 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

ブライトスポット
[20150305]
bs
明けない夜はない、
生前父が言った言葉を思い出す
「どんなにヘボい奴でも千に一度は良いことをする」
「その一度だけを見ていれば、自分も心持ちが良くなる」
あまり人のことを褒めない父が、
私が人物を酷評をした時に返してくれた言葉です。
全てが真っ暗に思える時もピンホールの輝きを探し続けることが
人生なのだよ・・そう言ってくれたのでしょう


この本はそんな心持にしてくれます
2015-03-05(Thu) 09:09 日記 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

HOME NEXT

copyright © 2005 猿来庵Jr all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。