Tweet

プロフィール

猿来庵Jr

Author:猿来庵Jr
"猿来庵"は亡父のコラム名に由来しています。
自営の金物店での日々の話題を綴っています。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Search Area
検索結果 ⇒    
|語句の検索

スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

ユニラテラリズム
[20160702]
前回書いたイギリスのEU離脱を選択した国民投票
イギリス=「英国」という雑駁な認識でしかなかったのですが
正式には「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」
イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドという四つの非独立国を
ひっくるめて「エゲレス=英国」と日本人は呼んでいたんですね
この四つの国を治めるのが連合王国の王様、エリザベス女王様
日本も北海道、本州、四国、九州、沖縄と5つの島まとめて一つの国ですが
英国ほど地域格差はなく、どこも日本、天皇陛下は昔から日本国の代表者です。
今回のEU離脱は英国内の4地区で人種も違えば宗派も異なり
それぞれの主義主張が如実に分かれてきました。

単独行動主義(ユニラテラリズム)と云うらしいのですが、英国は
各地区でこの「ユニラテラリズム」という主義が各地区・民族で持ち上がって
EUどころか国内の分裂・離脱になりかねない事情になっているようです。
日本が特殊な国のか?世界にはいろいろな国があるものです。
2016-07-02(Sat) 16:15 ニュース | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

英のEU 離脱で開かれた「パンドラの箱」
[20160625]
6月24日は「民主主義の限界」を語る日として後世に語り継がれるでしょう。
右派ポピュリズムの民主主義への攻撃的煽動は今までも数々ありました。
ただ幸いに「有能な政治家の良心」と「第2次世界対戦の反省」が
いままでポピュリズムを自国中心的な思想として封じて来ました。
しかし24日ついに「パンドラの箱」が開けられてしまいました。
その開封者はキャメロン首相です。
彼が単純に「究極の民主主義」と思った国民投票は禁じ手でした。

民主主義社会が思想対立と協同・連合で不安定要素を含みながらも
均衡が取れている、「バランスがある政治状態」での投票という制度は、
国民の意思決定=コンセンサスを得る最良の手段です。

しかし、「我が国の誇りなど」という排他的な境界を想像させ、
民族主義と愛国心をつなげて「恐怖と懐疑」を扇動している社会で行う
国民投票は危険です。 (かつてナチスを生み出した社会です)

ポピュリズムが蔓延しかねない今こそ、政治的リーダーは
「世界平和は自国の良心から問うべきだと」言える
世界観を国民に問えるカリスマであるべきです。

今危惧されるのは、「パンドラの箱」を開けてみたい雰囲気が
各国へ波及することです。この流れは
まずイギリス国内の独立運動
スコットランド、アイルランド、北アイルランドでの独立自主投票
そしてEUに加盟する国々へ伝播して行くでしょう
そして6月24日が最悪のタイミングだったのは民族主義の盟主
アメリカ大統領の選挙が来年行われる、今だった事です。
この「パンドラの箱」から飛び出た悪魔は移民排斥のトランプに
取り付いて魔王の如く恐怖政治を世界に蔓延させることになります・

今、悪魔をパンドラの箱に封じ込め世界に共存と将来を残すため
日本は自国だけの保身を考えていてはいけないと思います。
かつて連合国を敵とした歴史の反省を踏まえ
今こそ、英国のEU離脱を覆させる意見を述べる時だと思います。
それが政治的干渉だとしても国を超えた良心として必要です。
2016-06-25(Sat) 17:45 ニュース | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

スマホ水没
[20160530]
2年ほど愛用してきたLenovo A820 でしたが
Lenovo A820
浴槽に水没させてしまいました、
速攻で救い上げ、スマホ水没時のマニュアルどうり
まずバッテリーを抜く、スイッチ操作はしない、乾燥後完全放置で
待つこと1日分解してみました。
水が入った痕跡はイヤホンジャック付近だけでした。
乾燥してることを確認して電源を入れると本体は震えて操作音も鳴ります。
と・こ・ろ・が表示が出ない、イヤホンジャック付近に液晶表示の
コネクターがあり表示コントロール回路がショートしたようです。
その後1日放置して完全分解しましたが、やはり表示せず。
手に馴染んできたA820でしたが、残念諦めました。
先日お世話になった Huawei のスマホも検討しましたが・・
(お世話になっておきながら Huaweiさん ゴメンナサイ)
こんな機種に交換しました。
Urefon Power
Urefon Power って 聞いたこともない見たことないメーカーです。
選んだきっかけは、木目のスマホと言うことです。
スペックは恐ろしく進歩しています。
2016-05-30(Mon) 09:11 日記 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

ギミック HUAWEI TalkBand
[20160509]
昨年8月にHUAWEIのウェラブルデバイスTalkBand B1yellowを購入して
使っていましたが、表示がされなくなりました。
TalkBand B1
謳い文句のとおり
リストウォッチとして、ときにはヘッドセットとしてハンズフリーな使い方も。
シーンを選ばず様々なライフスタイルにマッチする。
歩数、カロリー消費、睡眠など日々の様々な活動量の計測が可能
でした。・・・・・・・・・・
使えなくなると妙に寂しいもので
充電時にはブルブル震えているにだけれど
表示が出ない・・・
HUAWEIに電話してみました。
デバイスメーカーにしては珍しい一回で繋がりました。
「もしもしTalkBand B1が表示しません」
購入年月日、購入元、購入店名、症状を聞かれた後
「1年以内の保証期間中なので修理も可能ですが・・」
「新製品も出ているので、宜しければ交換したします」
おお、HUAWEI 対応が良いよ!
そうして頂ければ有り難いのですが、代金は?
「もちろん無償交換です」ますます良いよ
って事で、即日着払い(申し訳ないよ)で発送
すると、もう今日到着、無茶苦茶対応早いし、良い
ついでにスマホ拭きのおまけも2枚付いてました。
で、新型がこれ
B2
機能的にはほぼおなじらしい、が改良されている
腕振って表示をさせるセンサーは格段に進歩
これだけ対応が良いとメーカーの信頼度格段にアップ
今のスマホも買い替えの時はHUAWEI にしようかと思ってしまいます。
2016-05-09(Mon) 13:48 TalkBand | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

宜しければ
[20160509]
つれてってカードのホームページ見て下さいね!
http://turetette.jp/9999/www/html/top/main/index.html
2016-05-09(Mon) 08:23 日記 | TB(0) | コメント(0) | 編集 |

HOME NEXT

copyright © 2005 猿来庵Jr all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。